夏祭り 輪くぐり

 知らず知らずのうちに身に付いてしまった罪穢れを人形代に悪いところを移し払い落し
残りの年を無事健康に過ごせるように祈念するお祭りです。

いまでは県内どこのお社でも見かけることが茅の輪くぐりですが、岡山県内では当社と深い関係にある児島に鎮座する廣幡八幡宮に続いて、一番輪くぐりの歴史が古い神社となっています。

玉井宮 夏祭り 輪くぐり

広告ポスター

輪くぐり由緒

夏祭り輪くぐり由緒

茅の輪 人形 肌守り 洗米

四点セット

夏祭り 祭典

盛況になる前、15時から祭典を斎行

夏祭り 祭典
夏祭り輪くぐり

総代の方々が世話をする所を清めています

夏祭り輪くぐり
茅 祓い

参拝者の方々お渡しする茅の清め

古神札祓い

焚き上げる古神札の清め

夏祭り輪くぐり

重要な茅の輪の清め

輪くぐり
夏祭り 第二鳥居
夏祭り 屋台

屋台もちらほら出ています

拝殿前

人形代の受付場所

夏祭り 総代
夏祭り 総代
金幣行事

御参拝頂いた方々に御神徳を頂いてもらうために金幣を振るう

金幣

金幣は玉井宮東照宮と児島の廣幡八幡宮の特殊な参拝方法です

大祓 お焚き上げ

20時から大祓を斎行
罪穢れを茅で作られた男女の人形に移しています

大祓

最期に人形代と茅人形をお焚き上げ

金幣 総代

総代の方々に御神徳を頂いてもらい終わりになります