玉井宮東照宮について

玉井宮東照宮

東照宮本殿



玉井宮東照宮の御祭神は豊玉比売命、彦火火出見命、玉依比売命、徳川家康公になります


本社は元児島郡小串村大字光明崎(今は米崎)に鎮座されていたが、応徳2年(1085)当東山に移転遷座して玉井宮と称せられるようになった。
この遷座にあたり、次のような伝説がある。
 その頃、社のあった山頂から、毎夜怪光が海面を照らし魚が恐れてよりつかず、猟師たちは困って其の事を神前に告げ、ご神託を受けた。ご神託は「御幣が舞い上がり飛んで行き上道郡門田の山中に立つ、そこへ遷座せよ」というものであった。その御幣が飛来し立った所がこの地(故にこの山を幣立山という)で、社名を玉井宮または玉の宮と称した。
 その後、正保2年(1645)藩主池田光政公の命により、この地に岡山城並びに岡山城下町,岡山神社・今村宮・玉井宮の三社の氏子区域の総鎮守として東照宮を勧請するにあたり、玉井宮は下の広場(今の駐車場)へ遷座され、国内別格5社の1社に列せられた。
そして、東照宮は全国で最初に地方に勧請されたものである。
 明治14年(1881)玉井宮と東照宮は合祀され、社名を玉井宮東照宮とし、県社に列格した。明治33年(1900)旧玉井宮の建物を移転し、西日本屈指の大拝殿の建立等大造営が行われた。
大東亜戦争時の空襲も残ったその立派な社殿郡も平成元年(1989)1月31日未明不慮の火災により、本殿を残し幣拝殿・神饌所・社務所・参集所等焼失した。しかし、氏子崇敬者の尽力により、4年の歳月をかけ現在の姿に復興した。本殿並びに随神門、石燈籠群は焼失を免れ、東照宮創建当時まま現存している。 
ご利益として、嘉永3年(1850)高松中納言季実卿の執奏により、皇后ご安産のご祈願を行い、当時の祠官佐々木左兵衛介は上京参内しお守り札を献上している。その時高松中納言から「大君の御子のいのりの功績を雲井に高くきこえあげたり」という和歌が下され、ご祭神のいわれとともに安産の神様として崇敬を集めてきた。
また、玉井宮元地は岡山での海路で非常に重要な場所に鎮座していたこともあり海運、交通安全の大神でもある。

東照宮₋本殿₋CG復元

東照宮本殿CG復元予想図

玉井宮東照宮沿革